付帯サービスが充実しているところは安心感がある

クレジットカードには様々な付帯サービスがありますが、サービスが充実していればしている程、安心感というのはありますよね。 大きく分けると、7つほどあります。 まずは、カードの利用額に応じて貯まるポイントサービス。 2つ目は、ETCや家族カード等の付帯カード。 3つ目は、カード提示による優待割引。 4つ目は、電子マネーサービス。 5つ目は、国内外の旅行時の損害保険をはじめとした付帯保険。 6つ目は、電車等の走行距離や飛行機の搭乗距離、カードの利用額に応じて貯まるマイレージサービス。 そして、代行や相談サービスなどのサービスがあります。 こういったサービスは、年会費が高くなればなるほど充実していくのが一般的ではありますが、個人で必要なものは違ってくるはずですので、自分にとって必要なサービス、よりお得になるサービスはなにかをきちんと見極める必要があります。 車をお持ちでよく利用する人には、クレジットカードと一体型になっているETCカードを作るのが良いと思います。 ETCが普及している昨今、一体型カードにも様々な付帯サービスがあります。 例えば、出光サービスステーションでガソリン代が割引になったり、クレジットカードと共にETCカードも年会費無料になったりといったものがあります。 付帯保険についても、カードによってかなり差があります。 コストを抑えたいのであれば年会費無料のカードに保険が付帯しているものがよいですし、保険の内容を充実させたいのであれば初年度のみ年会費無料のゴールドカードを選ぶという方法もあります。 頻繁に海外へ行く場合は、年会費がかかってしまいますが、そういった国際ブランドのカードを選ぶ方がよいでしょう。 このように、前述したとおり個人によって利用目的や頻度、金額などが異なってくると思うので、自分にとってどんなものが必要なのか、どれだけ多くのサービスがあればより良いのかを見極めて利用していくことが大切となってきます。


▲ページトップに戻る