カードにおける補償内容はチェックしておくべき項目

クレジットカードを持つ際に気になるのはその補償内容。 では、どんな部分をチェックしておけばよいのでしょうか。 一番分りやすく、よく耳にするのが海外旅行保険サービスというものです。 旅行中の病気や怪我の治療、カメラや携帯電話の携行品の破損や盗難、宿泊先の設備を壊してしまった時等の賠償について等々様々なものを補償してくれるものもあります。 よく旅行をされる方もそこまで頻繁に行かない方も見ておいて損はないでしょう。 もちろん、海外だけでなく国内旅行の際の補償もあります。 カード会社にもよりますが、宿泊費や乗車券の支払いを事前に利用すると、電車や飛行機に乗っている時に発生した事故や、宿泊先での火災等の事故による怪我等を補償してくれるものもあります。 また、国内外問わずショッピングで利用した際に、買ったものの破損や盗難などの損害が 購入日より○日間補償してくれるサービスもあります。カード等により補償期間がことなりますので利用する際はしっかり確認しましょう。 インターネットショッピングやサービスを利用する際の「不正利用による損害補償」や 自動でついてくる保険等があります。 この「自動付帯保険」は、保険料を特別支払わなくとも補償が受けられるものです。 こちらはカードの種類によって適用条件がありますので、必ず詳細をチェックするようにしましょう。 「不正使用による補償」は、紛失や盗難に気が付いてから30日以内にカード会社・警察に連絡をすれば、カード会社が通知を受け取った日から60日以内の不正使用されてしまった分に関しては損害を全額補償してくれることになっています。 失くさない・盗難にあわないように保管することが一番大切ですが、万が一のことがあった場合はこういった補償もありますのできちんと確認をしておくことをお勧めします。 こういった様々な補償がありますが、いずれもカード会社によって内容が異なりますので選ぶ際に詳細をよくチェックするようにしましょう。


▲ページトップに戻る